ゴンガリSTORY vol.3
 こんにちは♪ゴンガリくんです☆

水曜日はゴンガリSTORY
今日はボクが地球へ来たワケを話そう

ボクの星のとなりに「タッタ星」という星があるんだ
ボクの星より大きくて一見自然豊かな星に見えるけど
地下はすごいハイテクになってて
いろんな情報がそこへ流れてくるんだ

そこの星の「オリタッタくん」「トビタッタくん」はボクのトモダチ
いつも好奇心いっぱいのボクにいろんなことを教えてくれる

そしてオリトビくん(略)が地球の話をしてくれた
大きくてキレイでいろんな人がいて日々進化していく星らしい

早速ボクも調べてみた

見たこともない景色が広がって
スケールがはんぱなくデカくて
ワクワクした

ボクはいてもたってもいられなくなって
オリトビくんの飛行船GGGへ乗り込んで
呪文を唱えた
「ノモミラノモカカ・・・」
行きたいところを思って呪文をいえばGGGは連れってってくれる
さぁすぐに地球へ出発だ

ちょっとめまいがするほどクラクラして
まぶしい光の中にフラフラと入ってしまうとボクは眠くなってしまった

しばらくして
ボクは地球におりったったワケだけども・・・

その話はまた来週の話にしよう

| ゴンガリSTORY | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック