ゴンガリSTORY vol.6
 こんにちは♪ゴンガリくんです☆

水曜日はゴンガリSTORY
今日は地球でのことの続きを話すよ

地球ではいろんな人に出会うことが出来たよ
最初は黄金色の犬、ニコちゃんに会った
大切なことを教えてもらったよ

ある時ハワイってところに行った時
ボクとフラガールは出会ったんだ
ハワイは気持ちのいいところで
お天気がボクの星と似ていてすごく気に入ったんだ
そこでダンスが大好きな3人の女の子に会った
ハル・ナツ・アキだ
踊るのが大好きで一生踊ってたらそれでシアワセで
他にほしいものはないんだって

そういう気持ち、ボクわかるよ

それでボクはここでウクレレって楽器を習ってひいてみた
優しい音色がして気分が良かったよ
みんながすごく楽しい気分になるってほめてくれて
フラガールはボクのウクレレでずっと踊りたいって言ってくれた

これがきっかけでフラガールはボクの行くところに
ずっとついてくることになったんだ

ボクとフラガールがいればみんな楽しくなっちゃうよ
どこでもボクらを呼んでね

今日のお話はここまでだよ

来週のSTORYはもう少し地球での話をしようと思うよ
じゃあまたね♪

| ゴンガリSTORY | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゴンガリSTORY vol.5
 こんにちは♪ジマジマくんです☆

水曜日はゴンガリSTORY
今日はゴンガリくんには休んでもらって
ボクのこと知ってもらうよ!

ボクはゴンガリくんの近くに住んでて
いわゆる幼なじみってやつ
ゴンガリくんといると
楽しい気分になって
それでもって突拍子もないことが起こって
ホント楽しいんだ♪

★出身:銀河系の小さなお星
★年齢:わかりません
★お誕生日:1月1日(たぶん)
★家族構成:パパ、ママ、ボク、ジマクロ(弟)
★性格:イタズラ好きでアタラシイもの大好き、みんなを笑わすのが好き
★好きなこと:みんななぜか耳をかくすけど歌を歌うことが1番好き!
★きめワザ:「ステキな歌」「大食い」

ちょっとだけボクのこと、知ってもらった?

来週のSTORYはまたゴンガリくんにバトンタッチだね(*^0^*)


| ゴンガリSTORY | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゴンガリSTORY vol.4
 こんにちは♪ゴンガリくんです☆

水曜日はゴンガリSTORY
今日はボクが地球へ来たワケの続きを話そう
 
飛行船GGGは地球に着いた
ボクは恐る恐る地上へ出てみた

なんて大きいんだろう!
山は1日で登れそうもないし
海の向こうは見えないや

そこでボクは1匹の犬に会ったんだ
ニコニコした黄金色の犬だった

「はじめまして」
「はじまして、キミは何人?宇宙人?」

ボクはその犬にニコちゃんと名付けて
今までのことを話したよ

「ここにはいろんな人がいるよ。
でもキミの星みたいにいい人ばかりじゃないから気をつけて
悪い人もいるんだ」

ボクはちょっとショックだった
いつかパパとママから聞いていたことは本当のことだった

「でも大丈夫、キミには明るい光がいっぱい見えるよ。
たいていそういう人の周りはそういう人でいっぱいになって
元気の連鎖がおこるんだ。
怖がったりしないで、キミはまだ子どもなんだし、
キミの好奇心を大事に旅をすればいいんだよ」

ボクはちょっと元気になって、もっと地球のことを知ろうと思った
悪い人のことも知ろうと思った

そしてボクの地球の旅が始まった
「はじめまして」「はじめまして」
ボクは「はじめまして」をいっぱいしたよ

「はじめまして」
なんてステキな言葉だろう。
ボクの星では少ない言葉

さぁ、ボクの旅の始まりだ!

こうやってボクの地球の旅は始まったんだ

ちょっとだけボクのこと、知ってもらった?

さて来週の水曜は何の話にしようか
来週までに考えておくよ♪

もし質問があったらその話をしてもいいよ
コメントしてみてね\(^o^)/

| ゴンガリSTORY | 16:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゴンガリSTORY vol.3
 こんにちは♪ゴンガリくんです☆

水曜日はゴンガリSTORY
今日はボクが地球へ来たワケを話そう

ボクの星のとなりに「タッタ星」という星があるんだ
ボクの星より大きくて一見自然豊かな星に見えるけど
地下はすごいハイテクになってて
いろんな情報がそこへ流れてくるんだ

そこの星の「オリタッタくん」「トビタッタくん」はボクのトモダチ
いつも好奇心いっぱいのボクにいろんなことを教えてくれる

そしてオリトビくん(略)が地球の話をしてくれた
大きくてキレイでいろんな人がいて日々進化していく星らしい

早速ボクも調べてみた

見たこともない景色が広がって
スケールがはんぱなくデカくて
ワクワクした

ボクはいてもたってもいられなくなって
オリトビくんの飛行船GGGへ乗り込んで
呪文を唱えた
「ノモミラノモカカ・・・」
行きたいところを思って呪文をいえばGGGは連れってってくれる
さぁすぐに地球へ出発だ

ちょっとめまいがするほどクラクラして
まぶしい光の中にフラフラと入ってしまうとボクは眠くなってしまった

しばらくして
ボクは地球におりったったワケだけども・・・

その話はまた来週の話にしよう

| ゴンガリSTORY | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゴンガリSTORY vol.2
 おはよう♪ゴンガリくんです☆

水曜日はゴンガリSTORY
今日はボクの星の話をしよう

ボクの星は地球よりもっともっと小さな星で
銀河系の中にあるんだ
小さな小さな星だから住んでる人も少なくて
星の中で知らない人はいないんだ

だからボクは地球で「はじめまして」をいっぱいした時
とってもドキドキしたよ

そしてゆっくりゆっくり回るから、1日もとっても長い
地球の1.5倍1日があるんだよ

だからボクは地球の早さやデカさに
ワクワクしたよ

年をとるのはもっとゆっくりだから
みんな自分の年も覚えてないよ
そんなことはみんなにとって大事なことじゃないみたいだ
笑って1日暮らせればシアワセ
そんな平和な星なんだ

ちょっとだけボクの星のこと、知ってもらった?

来週の水曜はボクが地球に来たワケを話そう

| ゴンガリSTORY | 15:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>